2001年5月に発足。
 日本の伝統的な楽器である和太鼓を當麻町の新しい郷土芸能として維持敬称、発展させることを目的として結成。

 當麻太鼓白鳳座の名称は、1300年の昔、當麻の地が古代の政治の中心であった飛鳥、奈良に近かったことから、當麻寺をはじめとする白鳳文化、天平文化が開花し、大和葛城の要地として栄えたところに由来しています。

 白鳳座は、これからも古きを大切にして、新しいことに挑戦し続けていきます。